03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< レトロな葉書展 | top | DM作成中! >>
ルネ・ラリックと「和」
ロマンスカーに乗る度に
気になっていた美術館
箱根ラリック美術館に行ってきました。

特に魅了されたのは
繊細で優美な宝飾作品の数々。
そしてそのデザインモチーフに
釘付けになりました。

羽と尾羽をぴんっと伸ばした
濃い青の「ツバメ」が連なったネックレス。

ぷっくりとした実の弾力まで感じさせる
「さくらんぼ」の櫛。

羽の模様までリアルに表現された
「二頭のトンボ」の髪飾り。

どれもこれも「和」の馴染み深いモチーフばかり。
ところがラリックの手に掛かると
「ツバメ」も「さくらんぼ」も「トンボ」も…
溜息が出るほど優美な宝飾品に仕上がっていました。

ラリック作品にみられる
「和の花」に注目した企画展
ラリックに咲いたシーボルトの「和の花」』も
とても興味深い展示でした。

アール・ヌーヴォーからアール・デコへ。
その両時代を生きて活躍し続けたルネ・ラリック。
今回、彼の作品に出会ったことで
改めて繊細で優美な「和」への憧憬が深まりました。

ラリックが愛妻を亡くした後
妻の横顔をデザインした香水瓶。
妻の瞳の色と同じ緑色の小瓶は
どこか憂いを帯びた美しさを湛えており
その緑色がいつまでも心に残りました。
店主と代表 | おすすめ展覧会 | 22:51 | - | - | pookmark |