07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< 制作日記 | top | 花粉症 >>
加山又造展
友人から届いた封筒を開けて
美しいそのチケットを目にした瞬間
「好きだな」と思っていました。

「きっと行きたいのでは…」と
送ってくれた友人に感謝しつつ
国立新美術館で開催中の
加山又造展に行って来ました。

会場に入ってまず、圧倒されました。
『雪』『月』『花』の三作品に囲まれた空間。
その大きな作品のひとつひとつに釘付けになりました。

加山又造さんの作品はどれも大胆で迫力があり
観るものを惹きつける妖艶さがありました。
それでも不思議と怖さを感じない。
観ていると次第に心が落ち着いて
いつまでもじっと眺めていたいような気持ちになる…。
まるで作品に包み込まれるような安堵感。

桜の妖艶さ、月の静けさ、波の躍動感…
そのひとつひとつが温かく感じられたのは
加山又造さん自身の写真からも滲み出ていた何かに
通じるものなのかもしれません。

絵画の他、陶器、着物、宝飾品などの展示もあって
とても興味深い展覧会でした。

閉館間近で人が少なくゆったり観ることは出来たのですが
欲を言えばせっかく人も少なかったので
作品の前に立ち止まってじっくり眺める時間が
もう少し欲しかったなぁ…というのが正直なところ。

機会があればもう一度行ってみたいなと思っています。
店主と代表 | おすすめ展覧会 | 18:15 | - | - | pookmark |