05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
花と鳥と虫

 

七十二候は牡丹華(ぼたんはなさく)
一歩外に出ると彼方此方に
色々な花が咲いて
様々な鳥が鳴いて
沢山の虫に出会う頃

 

そんな花や鳥や虫の
ひとつひとつが気になってきて
これは、そろそろかなと思い始めた
改めていま、紙文具のモチーフに
描いてみようかなと

 

 

花鳥画(かちょうが)とは
花・鳥・虫などを描く
中国・日本の絵画の総称のことだとか
四季折々の花と鳥と虫を
いまモチーフにしてみたら
どんな紙文具になるのか
とても興味があるのです

 

こんな風にしてみようか
という大枠だけは決まっているのですが
いまはまだ物語の欠片を
彼方此方で探しているところ

 

散歩の途中で

待ち合わせの公園で

ふと、開いた本の中で…

 

しばらく先のことにはなりそうですが
花と鳥と虫の、物語の紙文具も
愉しみにお待ち頂けましたら幸いです

 

 

紙文具拵処 久奈屋
久奈屋お買い物
Twitter @hisanayaにてつぶやき中
レトロな言の葉スタンプ 其の弐販売中
久奈屋紙文具型録

店主と代表 | 日々のこと | 20:10 | - | - | pookmark |
洋菓子と和菓子と紙文具

近江屋洋菓子店 本郷店が閉店
そんな文字に目が留まって
ふと、ふたつの場所を思う

 

ひとつは、神田にある近江屋洋菓子店
こちらの2階で洋菓子製造補助のアルバイトを
まだ20代の頃、少しだけやらせて頂いたことがあった

 

近江屋洋菓子店の洋菓子は
新鮮な果物を惜しげもなく使うけれど
どれも単純なカタチ、素朴な仕上がりで
食べてみるとやっぱり
とてもシンプルな味わいだった
だからいくらでも食べられる気がして
毎日のように食べてもまったく飽きなかった

 

もうひとつは、茅場町にある和菓子屋 田川堂
掛け持ちしていたアルバイトの合間に立ち寄っては
週に何度もクリームあんみつを食べに通ったお店だ

 

昔ながらの飾り気のない店内で頂く
素朴な味わいのクリームあんみつには
どれほど助けられたかわからない
帰りには店頭の硝子ケースに並ぶ和菓子を
次のバイト先の皆と食べるために

お土産にしたりもしていた

 

江戸前の和菓子というのは
お茶の時間に家族でちゃぶ台を囲んで
手づかみでお腹いっぱい食べる

そんなお菓子なんですよ、と云っていた

田川堂のご主人のコトバが
何故だかずっと頭の片隅にあった

 

近江屋洋菓子店の洋菓子も
田川堂の和菓子も
暮らしの中の一部であって
特別な日のためのものではなかったけれど
毎日のお茶の時間がとても愉しみで

豊かになるようなお菓子だった

それは、ひとつひとつ丁寧に手で拵えた
実直なお菓子だからかもしれないと思う

 

久奈屋のモトはこんなところにも

あったのかぁと気がつく
「素朴であきない暮らしの中の紙文具」

そんな憧れの洋菓子や和菓子のような
紙文具を拵えるべく
ひとつひとつの商品を見直したり
いろいろと新作を考えたりしつつ
今日も彼是コツコツと拵え中です

 

 

紙文具拵処 久奈屋
久奈屋お買い物
Twitter @hisanayaにてつぶやき中
レトロな言の葉スタンプ 其の弐販売中
久奈屋紙文具型録

店主と代表 | 好きな物・人・事 | 19:01 | - | - | pookmark |
伊勢参り

 

いつも気がつけば季節は巡って
枯れ木にはいつの間にか
花が咲き、花が散って、
明るい緑の葉っぱが伸びている

この置いてけぼりにされたような気持ちを
なんとか出来ないものかと思いついたのが
七十二候の暦で生活すること


1年を72に分けて5〜6の時候の
変化を示した七十二候の暦は
1週間より1〜2日程早くめくることになる
さらに時候毎のコトバにひと足早く
季節を感じることも出来たりするのだ

 

今日の七十二候は虹始見(にじはじめてあらわる)
そして明日からは二十四節気も清明から穀雨になり
七十二候は葭始生(あしはじめてしょうず)に変わる
簡単には虹や葭を見ることは出来ないけれど
いつかどこかで見た虹や葭がふと浮かんでくると
置いてけぼりの焦りが少しだけ
薄まったような気がするのだ

 

とは云え、現実は暦を二度見しては
あれ…もう5日経つのかぁと焦りつつ
なんとか1枚めくる前につれづれを…と
ギリギリになって綴っておる次第
そんな虹始見のつれづれは納品のお知らせです

 

 

伊勢内宮前おかげ横丁にある
神路屋(かみじや)へ

贈り袋包み紙などを納品致しました
神路屋は、伊勢路の伝統工芸を中心に扱うお店
久奈屋紙文具は紙をテーマとした商品が並ぶ
2階にてお取扱い頂いております

 

残念なことに未だお伺い出来ていないのですが
店長にお送り頂いた写真を拝見すると
素敵なお土産がたくさん見つかりそうですし
2階からの見晴らしはおすすめとのこと

 

伊勢参りとは春の季語でもあります
時候の佳いこの季節
お伊勢参りへお出掛けの際には
おかげ横丁にある神路屋にて久奈屋紙文具も
ご覧頂けましたら幸いです

 

 

神路屋

 

三重県伊勢市宇治中之切町52
9:30〜17:30(季節により異なる)
年中無休
http://www.okageyokocho.co.jp/

 

 

紙文具拵処 久奈屋
久奈屋お買い物
Twitter @hisanayaにてつぶやき中
レトロな言の葉スタンプ 其の弐販売中
久奈屋紙文具型録

店主と代表 | 納品のお知らせ | 16:00 | - | - | pookmark |
初夏のお知らせを

 

コドモの頃は花の名を気にもしていなかったのに
庭に咲いていた沈丁花や連翹(れんぎょう)
雪柳などの名はいつの間に覚えたものか

すっかりオトナになったいまでは
紙文具のモチーフに…
そんな考えが常にあるからか
見る花見る花の名が気になって仕方がない

 

 

今日は鈴蘭に似た可愛らしい花の名が
スノーフレーク・鈴蘭水仙だと知って
妙に納得がいき、気分が佳いので
初夏のお知らせをふたつほど

 

まずは、ハイカラ雑貨店 ナツメヒロ
東林間移転5周年特別企画
ハイカラ百貨展」に参加致します

 

ハイカラ百貨店という空想の百貨店には
個性あふれる様々なお店が並んでいます…
紙文具拵処 久奈屋も新作から定番まで
ハイカラな紙文具を彼是と拵えて出店致します

ちょっと特別な「ハイカラ百貨展」へ
どうぞお誘い合わせの上、お出掛け下さいませ


そして、海福雑貨に集う
ものづくりの人たちのお祭り
第11回 オダサガ文化祭」に参加致します

 

今回も、久奈屋は新作から定番まで
紙文具をたっぷりと拵えて出品予定です

「おださがプラザ」にて開催される
個性豊かなヒトとモノが集うオトナの文化祭へ
是非、遊びにいらして下さいませ


ふたつのイベントに出品する
新作紙文具など只今、彼是準備中
そんな新作や、さらに5月下旬開催予定の
もうひとつのイベントについては詳細が決まり次第

改めてお知らせ致しますので
どうぞ愉しみにお待ち頂けましたら幸いです

 

 

ハイカラ百貨展〜東林間移転5周年特別企画〜

 

2017/06/08 thu.-07/02 sun.

 

ハイカラ雑貨店 ナツメヒロ
神奈川県相模原市南区東林間5-16-20
tel.042-812-4726
小田急江ノ島線「東林間」駅より
「小田急相模原」駅方面へ徒歩約4分
12:00〜19:00(最終日〜17:00)
火・水・祝定休
http://natsumehiro.com/

 


第11回 オダサガ文化祭

 

2017/06/17 sat. 10:00〜17:00

 

小田急相模原駅文化交流プラザ(おださがプラザ)
神奈川県相模原市南区南台3-20-1
ラクアル・オダサガ 4F
tel.042-741-7497
小田急小田原線「小田急相模原駅」下車 駅直結
http://umick.com/odasagabunkasai/

 

 

紙文具拵処 久奈屋
久奈屋お買い物
Twitter @hisanayaにてつぶやき中
レトロな言の葉スタンプ 其の弐販売中
久奈屋紙文具型録

店主と代表 | 参加イベント | 22:27 | - | - | pookmark |
春風に誘われて

 

春風(ハルカゼ)とは春にやさしくふく
あたたかい風のことだとか
そんな春風に誘われて
コートを羽織らずに
彼是と納品の為の紙文具を抱えて出掛けた先は
経堂にある文具店 ハルカゼ舎

 

 

まずは春らしい紙文具を
春の日溜まりのような
黄色いインコがモチーフの
和手紙 ハルノ日ダマリ
包み紙 小 ひなぎくとインコ

 

実は、このインコのモデルは
ハルカゼ舎のハルちゃん
「ハル」という名前がとても素敵だなぁと
紙文具名の中にも入れさせて頂いたのでした

 

 

そして品切れとなっていた紙文具も
宮沢賢治著「銀河鉄道の夜」が
モチーフの夜空の地図シリーズ
こちらは小手紙一筆箋贈り袋セット包み紙 小

 

 

そしてとても久しぶりにカード 夜汽車
同じく宮沢賢治著「黄いろのトマト」がモチーフの
小手紙 サーカスも納品致しました

 

 

納品が終わった後
文房具を買うのが自分へのご褒美
大きなクリップやカッター等
どれも紙文具を拵えるための
道具だったりするのだけど
ハルカゼ舎で文房具を買うときは
何故かわくわくする

 

それはコドモの頃

サンリオのお店で鉛筆やノートなどを

買ったときの気持ちに
少しだけ似ているのかもしれない

 

春という季節に似合いの新しい文房具を
ハルカゼ舎にてお探しの際には久奈屋紙文具も
ご覧頂けましたら幸いです

 


ハルカゼ舎

 

東京都世田谷区経堂2-11-10
tel.&fax.03-5799-4335
小田急線経堂駅北口よりすずらん通り商店街を徒歩7分
12:00〜20:00
火・水(第1・3)定休
http://harukazesha.com

 

 

紙文具拵処 久奈屋
久奈屋お買い物
Twitter @hisanayaにてつぶやき中
レトロな言の葉スタンプ 其の弐販売中
久奈屋紙文具型録

店主と代表 | 納品のお知らせ | 23:55 | - | - | pookmark |
2/116PAGES | << >> |