07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
夢のかけら展
銀座三越で開催中の
ジミー大西 夢のかけら展』に行ってきました。

とにかく最初から圧倒されました。
色と音の洪水に飲み込まれるような
そんな錯覚を起こすほど。

画面いっぱいに描かれた
表情豊かで躍動感あふれる動物たち。
彼らの鳴き声や疾走する音
賑やかなおしゃべりから
ヒソヒソ話まで聞こえてきそうな
不思議な世界が広がっていました。

街中で戦う牡鹿の『マンハッタン』の前では
冒険活劇でも観ているかのようなワクワク感を味わい
騎手と馬の『勝利の瞬間』の前では
地面を蹴る音、風を切る音までが聞こえてきそうで
特に印象に残りました。

「キャンバスからはみだせ」
岡本太郎さんに言われた言葉の意味を探して
絵を描き続けるジミー大西さん。

描き始めた頃から現在まで
年代別に展示された作品は少しずつ
進化を遂げているようにみえました。

久しぶりに見た無邪気な笑顔の写真を眺めていて
ふと浮かんできた言葉「継続は力なり」。

本当に大切なことは
実はとてもシンプルなこと
なのかもしれません。



店主と代表 | おすすめ展覧会 | 22:58 | - | - | pookmark |
いつまでもどこまでも…
昨日は雨の銀座にお出掛け。
久奈屋商品を置かせて頂いている
Cocokara主催の『いつまでもどこまでも
Cocokara展覧会Vol.3
』に遊びに行きました。

ギャラリー悠玄を会場に
地下、一階、二階のフロアごとに
魅力的な作家さんの作品が展示されていました。

お目当てはペーパークイリングの
くるくるの小部屋さんの新作!
紅葉した大きな木と黒猫の作品です。

大きな木と猫のモチーフ作品はお気に入りで
月夜に大きな木と白猫の作品は
夫が以前購入しずっと居間に飾ってあります。

会場に着いたのが最終日の夕方だったので
もう売れてしまったかしら??と心配でしたが…
なんとか無事、黒猫ちゃんも
我が家にお嫁入りして頂くことになりました。

一階で気になったのはクリエイティブ芳さん。
指輪やブローチがどれも私好みで
あれこれと迷ってしまいました。
隣りで辛抱強く見守っていた夫が
見かねたように一言「買ってあげるから…」

その言葉に背中を押され、結局最初に気になった
様々な色の小さなビーズがたくさんついた
どこか懐かしくて可愛らしいのに大人っぽい…
不思議な魅力を持った指輪に決めました。

この指輪を帯留にしたら素敵だろうな…
ぼーっと指輪を眺めてはそんな空想に浸りつつ
着物への憧れはいつまでもどこまでも
尽きることがない今日この頃です。
店主と代表 | おすすめ展覧会 | 23:56 | - | - | pookmark |
版画で旅気分!展
先日、町田市にある
国際版画美術館に行ってきました。
世界でもめずらしい版画専門の美術館。
『さぁ、でかけよう!版画で旅気分!展』
ちょっと風変わりな企画にも惹かれて。

旅の始まりは日本。
数人の版画家たちが制作した『新日本百景』。
どこか懐かしいのどかな日本の景色を眺め終わると
一転、セーヌ河を下る小船の中へ。
こちらはモノクロの絵本の挿絵のような雰囲気。

さらに進むとパリ、ロンドン、ニューヨーク
オーストラリアにエジプト…。
旅の終わりは天国と地獄まで!

展示された120点の版画の技法は様々。
木版、エッチング、メゾチント、リトグラフ…
それぞれが全く違う表情で
改めて版画の奥深さを知りました。

国際版画美術館のコレクションは
古今東西1万9千点というから驚きです。
こんな素敵な美術館が近くにあるのですから
これから度々通わなければ。

帰り際、一階の喫茶けやきで優雅にパフェでも
と思った時には閉館アナウンスが!
次回は絶対、パフェ食べるぞ!
と心に誓いつつ…。
店主と代表 | おすすめ展覧会 | 18:42 | - | - | pookmark |
エミリー・ウングワレー展
とても素敵な魚の絵を描く友人から
おすすめの展覧会があると
連絡をもらいました。

それは偶然にも
私が観たいと思っていた
アボリジニ出身の抽象画家
エミリー・ウングワレーの大回顧展。

会期終了間近とあって
慌てて出掛けて行きました。

80才を目前にカンヴァスと出会い
絵を描き始めたエミリーさん。
そのスタイルは見事なまでに
変化を遂げていきます。

線と点、点と点、線と線…。
そして、亡くなる2週間前の
たった3日間で描かれた24点の作品は
刷毛を使ってとても大らかに
面で描かれていました。

その中の一枚。
白と淡いピンクベージュが塗り重ねられ
すべてが溶け合ったような作品には
言葉には出来ない
静かな感動を覚えました。

絵の前に立った時
大地のエネルギーを
肌で感じられる作品がいくつもあり
抽象画は判り難いという固定観念が
すっかりくつがえされた
本当にすばらしい展覧会でした。
店主と代表 | おすすめ展覧会 | 02:20 | - | - | pookmark |
個展『隣りのとなりのまたトナリ展』
今日は吉祥寺へ
はたのりこさんの個展
隣りのとなりのまたトナリ展
に出掛けて来ました。

うちは夫婦揃ってはたさんファンです。

日頃からちょっと疲れたときには
はたさんのHPに遊びに行って
可愛らしい作品に癒されたりしています。

そのはたさんの作品が
たくさん展示されるとあって
かなりの期待を胸に
ギャラリーへ足を踏み入れると…

そこには期待を上回る素敵な原画の展示が!
額もひとつひとつの作品に
ぴったりのものが丁寧に選ばれ
絵葉書でみるのとはまた違った
表情で並んでいました。

原画の迫力から
改めてはたさんの絵の魅力を
再発見した個展でした。

久奈屋はいまのところ
様々なイベントへの参加が中心です。

まだまだはたさんのような
素敵な個展は無理ですが…

今年中に久奈屋らしい展示を
どこかで出来たらいいなぁと
思い巡らせたりしています。

店主と代表 | おすすめ展覧会 | 23:50 | - | - | pookmark |
カエル展と月光荘
昨日は久しぶりに銀座へお出掛けです。
ラグ作家のクルミロケットさんに
『カエル展』のご案内を頂いたので…。

こじんまりとした温かみのあるギャラリーに
額に納められた個性的なカエルたちが。

入り口脇で迎えてくれたのが
クルミロケットさんのカエルでした。

色鮮やかでいて
ふんわりと編まれた布から
やさしい雰囲気が漂っていました。

銀座にはずっと行ってみたかったお店があります。
今回はそのひとつ月光荘画材店へ。

大正6年創業のこだわりのお店。
期待を胸に一歩足を踏み入れると…。

憧れていたオリジナルのスケッチブックが
奥の壁一面の棚にずらりと並んで…

文房具好きの私には何時間でも
その空気の中にいたいような
ちょっと特別な雰囲気の素敵なお店でした。

地下には手紙用品が並び
珈琲を頂きながら手紙を書くこともできたりして。

奥のスペースがギャラリーになっていたので
今回はそちらの『草木登子個展 sonohigraph』を拝見し
表情豊かな動物たちに
たっぷりと癒されて帰ってきました。

まだまだいまの私には
銀座は敷居が高いのですが
少しずつ慣らして好きな街のひとつにしていきたいなぁ
と思ったりしました。
店主と代表 | おすすめ展覧会 | 14:26 | - | - | pookmark |
ナンシー関 大ハンコ展
渋谷パルコ パート1で開催中の
ナンシー関 大ハンコ展』に行って来ました。

ナンシー関さんの彫った
消しゴム版画の数、5,000個強!
その消しゴムがジャンル分けされ
専用ケースに収められている光景は感動的です。

ひとつひとつ食い入るように観ては
笑いが込み上げてきて…

描かれた人物や短いコメントに
その当時の様子がリアルに思い出され
改めてナンシー関さんの鋭さ
ユーモアのセンスに驚かされました。

消しゴム版画というジャンルを確立した
ナンシー関さん。

そのうんっと後ろから
小さな一歩を踏み出したばかりの私ですが…

今日の展示を観て
「消しゴム版画って、ここまで出来るんだよ!」
と、力強い励ましをもらったような気がします。
店主と代表 | おすすめ展覧会 | 23:55 | - | - | pookmark |
竹久夢二
新宿の世界堂本店で
「大正ロマン
 竹久夢二手摺り木版画展」
が開催されています。

竹久夢二さんは子供の頃
毎年居間に飾られる
美人画のカレンダーでお馴染みでした。

近所の酒屋さんでいただくそのカレンダーを
両親はとても楽しみにしていましたが
子供の私はどこかアンニュイな雰囲気の絵を
少し鬱陶しく感じたものでした。

ところが気がついてみれば
いつの間にやら竹久夢二さんの世界に引き込まれ
本を読み、古書を買い
葉書や手拭を集め出していました。

改めて木版画として観る竹久夢二さんの作品は
一段と艶っぽく
しばし見惚れてしまいました。

特に着物の描き方、色ののせ方、柄の組み合わせ方…

こんな風に着物を着る事が出来たら素敵だろうなと
思わずため息がこぼれました。

今回一番気に入った作品は「花火」。
花火が夜空いっぱいに広がり
その手前には着物姿の女性の後姿が描かれているもの。

着物と帯は打ちあがる花火から三色
それに夜空の色と髪の色から描かれていました。

「うぅぅんっ…」


思わず言葉がでなくて唸ってしまう瞬間。
とても素敵な出会いをした瞬間でした。

今回は「花火」の葉書を一枚だけ買って
ほくほくとして帰ってきました。
店主と代表 | おすすめ展覧会 | 14:24 | - | - | pookmark |
紙の展示会
丸ビルでこの4日間行われた紙の展示会
「TAKEO PAPER SHOW」に行ってきました。

最終日の今日は15:00まで。
なんとか12:00過ぎに会場に到着。
休日と最終日が重なって
とにかくすごい人、人、人…。

それでも、多彩な紙と印刷技術の多様さを
一堂に見ることができるとても貴重な機会。
とにかく人垣の間、間から顔を出して体を滑り込ませて
やっとの思いで全ての展示をみることができました。

企業やショップ、カフェとのコラボレーションで作られた
オリジナル文房具のセットは見ているだけで楽しく
様々な趣向、アイデアからたくさんの刺激を受け
今後の作品作りの参考にもなりました。

つかってみたい紙もいくつか…
というか、たくさん!ありましたし

「やっぱり、紙っておもしろい!!」

改めて紙の魅力を再発見する一日でした。
店主と代表 | おすすめ展覧会 | 22:29 | - | - | pookmark |
2/2PAGES | << |